保険 見直し

保険料を見直し!払いすぎを節約!

保険見直しT 見直しの基本!保険の現状を知る

 

今、どんな保障内容の生命保険に毎月いくら支払っていますか?と聞かれて詳細に応えられる人は殆ど居ないと思います。
漠然と保険を見直して保険料を下げたいと思っても、重要な保障や安くても大きな保障担っている保険などを無碍に解約してはいけません。
そこで、今加入している生命保険の保険証券を全部集めて、現在どんな保障内容になっていて保険料をそれぞれの保険でいくら払っているのか把握することが重要になるのです。
自身や家族が加入している生命保険の保障で不要と思われる物から見直していくと、保険の見直しも確実に出来るでしょう。

 

オススメ見直しの基本!保険の現状を知る はコチラ

 

 

保険見直しU 二重三重の保障を削る!

 

医療保険にガン特約を付けたのをいつの間にか忘れて新規でがん保険に加入してしまったら、新規のガン保険の保険料は無駄になります。
また、がん保険に医療特約を付けたのに、意味無く医療保険に加入しても保険料のムダですよね。
二つ以上の同じ保障が重なったとき、問答無用でどちらかの保険または特約を見直して削るべきですが、
職種によってはたまたま二重加入してしまった保障の合計給付額が適正だったりしますので、ご自身の仕事や生活環境をよく考えてから見直しましょう。

 

オススメ二重三重の保障を削る! はコチラ

 

 

保険見直しV 保険金・給付金を削る→保険料が減る!

 

保険料が家計を圧迫していると思ったら、保険証券を集めてください。特に定期保険は加入後十年から十五年で「更新」があることが多く
例えば28歳で定期保険に加入して十五年後の更新時(43歳)に、保険料が二倍以上になる可能性もあるのです。
このような場合の定期保険の見直し方法は、比較的安価な、外資系や損保子会社系の生命保険の定期保険に乗り換えるのも一つですが
定期保険の保険金を減額して、保障が不足する部分は収入保障保険などに加入して補填する「組み合わせ技」も良いと思います。

 

オススメ保険金・給付金を削る→保険料が減る! はコチラ

 

 

保険見直しW 必要な保険金をしっかり試算する

 

保険の見直し!払い過ぎの保険料を節約する七つの方法。というサイトなのに、もしかしたら保険料を上げることになるなんて
このサイトを訪問してくれた人を馬鹿にしていると思われそうですが、そうではありません。
保険金が低すぎて、遺された子供が中学卒業後に社会人デビューということもあり得るのです。
そんなことが無いよう、「残され家族」が「せめて子供が成人するまで」「生活費・学費に困らない」という基準で保険金を設定する必要があります。
その基準の試算を「必要保障額」と言い、必要保障額を基準にして保険金を設定するのが最良の生命保険見直しと言えるでしょう。
ですが、必要保障額で試算された金額次第では保険料を上げる必要があるかもしれません。

 

注目っ必要な保険金をしっかり試算する はコチラ

 

 

花24b 専門家が保険見直しを無料アドバイス!

相談は何度でも無料! 赤矢印保険マンモス

保険の無料相談で6,000円分の商品券がもらえる

 

 

保険見直しX 通販保険に替えちゃう

 

通販保険は保険金や給付金の上限が、対面販売商品よりも低く設定されている代わりに、保険料がかなり安く設定されています。
また、健康状況による保険料の割引や非喫煙歴による保険料の割引がある商品もあるので
今の保険料が高いと思ったら一度通販商品の保険料を試算してみる価値はあると思います。
特に、更新がある定期保険に加入している場合、保険料がそれまでの二倍以上になる可能性もあります。
出来れば更新時期が来る前に通販保険商品を検討した方が良いでしょう。

 

注目っ通販保険に替えちゃう はコチラ

 

 

保険見直しY 保険の転換には応じない

 

生命保険の営業職に保険料減額の依頼をすると、保険料の減額の話は殆どせずに保険の転換の話を持ってくることがあります。
保険の転換を短く説明すると、今までの保険を下取りに出して新しい保険に加入する。という感じです。
ですが、解約返戻金や満期返戻金が出るような生命保険の転換は、見た目的にはお得に感じても、将来の解約返戻金や満期返戻金が大損する場合があり
なぜか保険の営業職は損するリスクを殆ど説明せずにメリットだけ説明して、保険の転換をさせようとする傾向があるようです。
まず、保険の転換や保険の乗り換えを勧められたら、本題である今加入している保険料の減額に話を戻すようにしましょう。

 

注目っ保険の転換には応じない はコチラ

 

 

保険見直しZ 保険の専門家に無料相談する

 

実はこの方法が一番楽で一番効果的なんです。
保険の見直し方法はいろいろありますが、保険の専門家は今加入している保険の資料を集める所から違います。
保険の無料相談は怪しく思われがちですが、今は強引な勧誘をすると他の人に変えらるので、安心して相談出来ます。
専門家も、失礼に言動や強引な勧誘などしてと他のFPに変えられてしまうと恥をかくだけでは無く信用も失うので、行き過ぎたことが無いように気をつけています。
自分だけとか夫婦で見直し作業すると何ヶ月もかかる作業が、数週間・数回相談するだけで納得出来る見直しが出来るので
特に子供がいる家庭や、老後資金と保障を考えている世代に凄く便利です。

 

注目っ保険の専門家に無料相談する はコチラ

 

 

花24r 専門家の保険見直し・節約無料相談

何度相談しても無料です 赤矢印保険マンモス

今なら無料相談で6,000円分の商品券プレゼント!

保険見直しのタイミングは「今っ!」

保険見直しその一、「直感」

 

保険料が高く感じたときと保障内容に疑問を感じたとき
生命保険の見直し時期は、「保険料が高い」「家計が苦しくなってきた」「このままだと家計が苦しくなりそう」と、保険料が負担に感じたときと
「今のままでは保障が薄くなる」「そういえばどんな保険に入っていたかな」など、保険の内容に疑問を感じた時です。

 

そういえば、いつの間にか保険料が高くなっていたと思ったら、定期保険や定期特約付終身保険が更新されていて保険料が値上げされていたり
念願の住宅購入が叶って、大きなお金が動くときなども、生命保険の保険料が高く感じてしまうときですね。
特に住宅ローンを組むときに団信(団体信用生命保険)に加入すると、新規に生命保険に加入するのと同様ですので、既存の生命保険の見直しは必須になります。

 

そういえばどんな保険に入っていたかな?と疑問になったときも、保険の見直しの好機かもしれません。
生命保険のランキングサイトなどで保険を探してみるのもいいですね。
女性の場合、祝い金が出るとかボーナス付きの生命保険に加入したがる傾向がありますが、それらはいたずらに保険料を値上げするだけなので
そんな保険に加入していたら、貯金は貯金、保険は保険ということで、シンプルな生命保険に加入するのが得策になるでしょう。

 

生命保険の見直しは、年齢が低いほど保険料が安くなる、年齢が低いほど病気になりにくいので、新規の保険加入を断られなくなるなど、時期が早いほど効果があります。
少しでも保険料や保障内容に疑問を感じたら、「今」が保険の見直し時期です。

 

 

保険見直しその二、「子供が増えた」

 

子供が生まれたときは、その後の生活費や将来の学費が一人分増えるので、必然と親の死亡保険の金額を増やさなければなりません。
また、学資保険は出産予定日の140日前に加入出来る商品が多いので、なるべく早く検討しておく必要があります。
生命保険のランキングサイトなどであらかじめ選んでおくのも良いでしょう。

 

このとき、夫の死亡保険だけを増額するとか、新規に夫の死亡保険を増やすことが多いのですが、妻の生命保険も増額又は新たに契約する必要があると思います。
例えば妻が他界したときでも父親は働き続けなければなりません。残業もあるでしょう。子供が小さいと家事が出来なくなってしまいます。
そんな場合、子供がある程度の年齢になるまで、家事を家政婦さんにお願いするための費用も必要になると思います。

 

ちなみに、結婚したらお互いのために生命保険を使いしましょう。という保険業者さんもいるようですが
お互いが、自分自身の医療保険と比較的少額の保険金の定期保険に加入していれば
子供が出来るまでは、保険金を増額したり新規に保険に加入するような見直しをしなくても良いと思います。
例えば子供が出来る前に夫が他界したとしても、妻は又新しい出会いがあると思いますし、何しろ若い内は働き続けるコトガできるので
妻の障害を保障するような多額の保現金は必要無いと言えるからです。

 

 

花24p 子供が増えたら将来の学費を確保! 

あなたの家族の保険を見直すときです

相談は何回でも無料! 赤矢印保険マンモス

保険の無料相談で商品券6,000円分プレゼント!

 

 

保険見直しその三、「老後準備を意識したとき」

 

末の子供が大学に入るときは、そろそろ老後資金の準備を意識して、更新を重ねて保険料が高くなった定期保険の保険金を例えば三分の一にして保険料も三分の一にして
浮いた保険料を、老後資金のための養老保険に使うとか、外貨建ての年金保険に使うのも良いかもしれません。
というのも、子供が全員成人するとか社会人になったら、夫に万が一があっても生活費を心配しなくても大丈夫な場合が多いので
残された家族の生活費を保障する為の生命保険は不要になります。
ですので定期保険などの、残された家族用の保険は意味が無くなるので解約しても大丈夫とも言えるのです。

 

ちなみに養老保険というのは、死亡保障が付いた高金利の定期積金みたいなもので、例えば死亡保険金1,000万円、月額保険料8万円、保険料払込期間=保険期間10年の養老保険に加入すると
8万円×12か月×10年で保険料総額960万円ですが、最後の保険料を支払った後の満期時に解約すると1,000万円になって戻ってくるという感じです。
もちろん生命保険なので、各種書類が通過して一回目の保険料を支払い保険契約が成立すれば、極端な例ですが、契約の翌日に万が一があっても一千万円の保険金が遺族に支払われます。
これが外貨建て養老保険や外貨建て年金保険ですと、外貨は日本円よりも予定利率が高いので、もっと良い運用が出来る可能性があります。

 

 

保険見直しその四、「誰かが、死んだとき」

 

ある程度歳を取ると、というか社会人になってしばらくしたあたりから
高校の時の同級生か病死したとか事故死したなど仲間から聞いたりすることもありますし、ある日突然先月会ったばかりの友人の訃報が飛び込んできたりなどします。
また、親の死、や親戚縁者の死などで、生命保険について考えることがあるかもしれません。

 

そのとき、あなたは独身でしょうか、既婚でしょうか。もしかしたら子供が居るでしょうか?
独身でも既婚でも、せめて葬式代を親に出させるようなことはしたくないですよね。
既婚でもまだ若いのなら、配偶者は再婚の機会もあるでしょうから、たいした保険金は必要無いですが
何かあったときのために、高額の治療費くらいは用意しておきたいものです。

 

お子さんがいるとしたら、せめて末の子供が大学卒業まで、遺した配偶者と一緒に生活できるくらいの生活費と学費は遺しておきたいです。
子供がまだ小さいのなら、奥さんが遺された場合はすぐに働きに出ることも不可能ですし
遺されたのがご主人の場合は働かなければならない分、家政婦を雇う必用もあるかもしれません。

 

そのような、万が一があったときだけで無く、その先も考えた資金を保険で用意できているか?
それをもう一回確認為てみるといいと思います。

 

 

保険見直しその五、「親が介護状態になった時」

 

親が大きな病気を為たときや親が介護状態になった時に初めて、「親ってどんな保険に入っているのか」と疑問になることは多いです。
親世代だと保険の見直しや新規加入は高齢過ぎてほぼ不可能です。

 

親が介護状態になったら、自分や自分の家族の生命保険を見直すというよりも、再確認してみましょう。
老後をそろそろ考えるのなら、要介護状態になったら保険金が出るような保険商品を考える
あるいは老後資金の貯金を兼ねて、貯蓄性のある保険を考えてみるなど、生命保険でできることは結構あるのです。

 

意外に知られていない商品に、生命保険会社の保険商品の介護保険があります。
要介護状態になったらある程度大きなお金が手に入って、さらに年金がもらえるなど、保険会社によって保障機能はいろいろです。

 

管理人の身内に認知症の老人がいましたが、どう考えても要介護4なのに公的老人ホームの空きの順番が回ってこなくて困っていました。
当時は保険会社の介護保険などありませんでしたが、もし保険商品の介護保険があれば、私設の老人ホームに入れられただろうと思います。

 

ちなみに、足腰が弱っている老人の場合の俳諧防止策に、外に出られる窓なら高さ1メートルほどの柵の増設
玄関の鍵を開けて外に出てしまうなら、サムターンカバー付の鍵を増設するのが有効でした。
廊下の手すりや、柵、鍵の増設などの老人介護対策の設備増設費用は国の介護保険からある程度出ますが
風呂の改造も必用だし、トイレの改造も必用だったりするとそれだけでは足りないこともあるのです。

 

身につまされるかもしれませんが、老後対策は老後資金の確保と共に、介護対策も考えるべきだと思います。

 

 

花24p 家族を守る保険にムダはありせんか 

保障のムダと保険料を見直すときです

 

保険の専門家、FPの無料アドバイス

相談は何回でも無料! 赤矢印保険マンモス

FPの保険無料相談で商品券6,000円分今すぐっ